| main |
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
2006.06.15 Thu

滋賀ノート・3

終点・坂本は比叡山延暦寺の門前町。
ここで目につくのは石垣と小川(水路)。

06-06-09_14-22.jpg


加工しない自然石のそのままの形を活かして組んだ石垣で、穴太衆(あのうしゅう)積みと呼ぶそう。
穴太衆は、坂本の穴太地域に住んでいた石工集団で、延暦寺や安土城、名古屋城、伏見城、金沢城など多くの石垣を手がけたという…売れっ子職人集団ですね!

石垣は苔むしているのもいい。
土地と一体になっている感じがするから。
人間と他の生物の生活が、きれいにかみあってそこに在る感じ。
美術や芸術の「美」に対するセンサーは感度鈍い自分なのですが、こういう生活感のバランスには、しみじみ美しいなあ、と思います。

06-06-09_14-34.jpg


観光地でもやっぱりお城や大きな寺より民家が好き。
というわけで特に素敵なのは里坊地区!
里坊は僧侶の隠居寺。
せせらぐ水路、苔むした石垣のある古い家々の間のひっそりとした路地を曲がると…

06-06-09_14-37_1.jpg


…更に美しい路地が!!(悶絶)

路地は曲がりくねっている程いい!視界のひらける瞬間のときめきがたくさん味わえるから!
スポンサーサイト
Category: 日記 Comments (0) Trackbacks (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。